地域×知育=地育が始まります!

2018年になったと思いきや、気がつけばもう2月。。。(-_-;)

あ、今さらですが、あけましておめでとうございます。

さて、Lagooooonでは、新年度に向けてiPad地育コースとLEGOプログラミングコースも開設します。

こども向け地育コース

こども向け知育コースのテーマとして、『地域×知育=地育』をかかげ、『地育』という言葉を作りました!

地育コースでは、iPad用の拡張現実(AR)アプリ『Osmo』を使った知育教育を行います。

IMG 4731専用のブロックなどを用いて「触る」「考える」「組み合わせる」といった要素に情報を追加し、子供の創造力という部分を刺激して伸ばすことが可能です。

簡単なプログラミングゲーム『Coding』

ゲーム内のキャラクターをブロックなどを組み合わせた指示で動かしていくゲーム。簡単なプログラミングのようなもので、幼い頃からプログラミングの基本中の基本、いわゆる触りのような部分を学ぶことが可能となっている。プログラミングはコードを書くという作業だが、子供向けに上手く絵とブロックというわかりやすい要素のみで動かせるようになっています。

LEGOロボットプログラミングコース

LEGO社が開発したプログラミング教材『Wedo』・『EV3』を使用して学習します。
知識の詰め込み型の学習ではなく、ロボット製作を通じ、
教育カリキュラムに基づいた体験的な学習や問題解決能力を
養う学習により、知的好奇心や探求心、論理的な思考力、表現力の育成を目指します。
IMG 4725

 

詳細が決まりましたら、ホームページ・Facebookなどでお知らせいたします!